園からのお知らせ

本園の新型コロナウイルス感染予防対策について

本園の新型コロナウイルス感染予防対策について

 

・感染源を断つ(園児職員の検温・健康観察)

感染源を断つ為、毎朝園児および職員の健康観察、検温を行い、園児は健康観察カードの提出、職員は体温をボードに記入し、発熱症状や体調の悪い園児や職員は、登園・出勤しないようにしています。

園にて発熱するなど、体調が悪くった場合は、職員室で休養し、保護者のお迎えをお願いしています。

 

・園児、職員以外の人の立ち入りを最小限にとどめる

子どもへの感染は、多くは同居している成人(保護者)感染者からの伝播によるものがほとんどとのことから、保護者の園内の立入は最小限にていきます。

 

・手洗いの励行

今まで以上に正しい手の洗い方を指導し、石鹸での手洗い、アルコールでの消毒を励行しています。

 

・マスクの着用について

職員はマスクをして保育を行います。

園児については、園内ではマスクをするようにしていますが、熱中症の危険もあるため、室内の温度調整をするとともに、園児の体調や気温、湿度を見ながら、判断しています。

 

・換気について

空調設備を利用しつつ、幼稚園バス、保育室の窓は常に開け、常に換気を行います。

 

・外遊び中心に

できる活動はできるだけ園庭で行うようにします。

 

・園内の消毒

園児や職員が手を触れる場所は、毎日電解次亜水にて消毒を行っています。

 

・集会行事を変更する

園児が集まる園行事は、全園児が園舎内の同じ場所に集まるのは避け、学年又はクラス単位で行うこととします。

 

・1テーブルに4人

保育室の机は1テーブルを4人で着席し密接にならないように活動していきます。